【手がぁ⁉】女性の筋トレには握力補助グッズが必須!【初心者】

筋トレ

こんにちは。トオルです。

今日は女性の筋トレには握力補助グッズが必須。

パワーグリップなんかが絶対に必要なんじゃないか?って話をしたいと思います。

 

最近、妻が背中(脇の下?)を引き締めたいとのことで筋トレを始めました。

とりあえずはジムに通わず家トレ。自宅にあるチンニングスタンドに「毎日30秒ぶら下がってみよう!」とハードル低く?開始。

が、ぶら下がって10秒も経たないうちに「手、手がぁ⁉」。握力が弱すぎて、ただただぶら下がるのだって容易ではありません。

これでは背中に負荷をかけるどころでは・・・。 彼女は決してデブではありません。が、長身(168cm)なので、それなりの体重です。

 

「何とかしてよ!夫よ!」と妻。

なので、我が愛用のパワーグリップ(アイキャッチ画像のヤツ)を進呈。

「わぁー。何これ!めっちゃイイじゃん!」。ってことで話を進めて参ります。

 

スポンサーリンク

パワーグリップは女性に優しい!女性にこそオススメしたい!

本格的に筋トレしている方にとって、パワーグリップなどの握力補助グッズは必須アイテム。広く認知もされていると思う。

だけど、女性の場合は?  まして、家トレの女性だと聞いた事も無いって方が大半ではないだろうか?

仮に知っていたとしても「大げさ」「自分には無縁なモノ」。実際に使ってみようとは思わない。

だけど、握力補助グッズの中でもパワーグリップに限って言えば、握力を補うだけでなく手荒れにも有効だし何よりも安全。以下、簡単に説明します。

 

パワーグリップの2つの使い方を画像で示すよ!

(ぶら下がり&引っ張る動作時)

ぶら下がり(懸垂)や引っ張る動作(プル系)をする時は、ベロで対象物(シャフト)を外側から内側へ巻き込んで握る。

この様に握ることで最大限の握力補助の効果と、力のかかる指の腹をガードすることが出来ます。

妻の言葉を借りると「1/3位の力しかいらん!」「手が全然痛くない!」。「わぁー。新感覚。めっちゃ背中だけを意識できる!」となります。

 

(ダンベルや押す動作時)

ダンベルや押す動作(プッシュ系)をする時は、ベロで対象物(シャフト)を内側から外側へ手の平に沿わせて包み込んで握ります。

この握り方だと握力の補助効果は小さくなりますが、手の平全体をガードできる。また滑らないのでとっても安全です。

同じく妻の言葉だと「マメができん!」「乙女に優しい!」。(だれが乙女じゃ・・)

 

繰り返すけどパワーグリップは握力の補助だけでなく、手の平をガードする役目も果たす。また、とにかく滑らないので安全。

握力の弱い女性にこそ使って欲しいパワーグリップです。

次はパワーグリップの選び方について少しだけ触れておきます。

 

パワーグリップの選び方(素材とサイズ)

まず、パワーグリップを素材別に見ていくと。(ベロの素材ね!)

  1. ネオプレン素材(ナイロン素材)
  2. ラバー素材
  3. 革素材

大まかには、この3つ。

(1)まず、ネオプレン素材は汚れたら洗う事が出来ることが一番の売り。逆に言うとそれだけ。強度、保持力ともにラバー・革素材に劣る。手の平の保護目的ならば良いかもしれないが、それならばトレーニンググローブを買った方が・・・。

(2)お奨めはラバー素材。強度・保持力は革製に劣る。だだし、100kg以上の負荷を掛けた時の問題。初心者の女性には、いや初心者でなくとも十分だと思う。ちなみに男の僕が120kgのバーベルで日常的にデッドリフトしても特に不自由は感じないので、コストパフォーマンスの点でもラバー製をオススメです。

(3)革製は確かに強度・保持力的にも一番。フィット感も良好。難点があるとすれば高価。金額を気にしない方にはベストかも。

 

フリーサイズよりサイズが選べるものが良い!

男の僕の手首回りは約18㎝。フリーサイズのパワーグリップで全く不自由は感じない。だが、手首回りが約15㎝の妻だと調整下限いっぱいな感じ。(アイロック製で確認)

女性で手首が細い人だと14㎝、あるいはもっと細い人だって居ますよね? 実際にご自分で測ってみるのが一番かと。あと、妻から「ピンク色のがイイ!」。色指定されるとグッと選択範囲が・・・。

素材はラバー。サイズは手首回り14㎝以下でもOKなもの。そして、色(デザイン)を加味して選ぶとなるとコレに行き着く。

 

サイズ=XS(約12.7cm~15.2cm)・S(約15.2cm~17.2cm)・REG/L(約17.5cm~20.3cm)

強度・サイズ、そしてデザイン的にもベスト? だだ7千円台の価格は僕の金銭感覚では少しお高い感じがする。市場に出回る数の問題だろうが、女性に最適だと思われるサイズ展開だと少々お高い。だけど、実際に僕の周りでも価格重視でフリーサイズを買って後悔した女性がチラホラ。ここは確実なモノとして上を挙げておきます。

 

あとがき(前腕に筋肉つけたい訳じゃないから!)

男性の場合だと敢えて前腕を太くするために、握力補助グッズを使わない考え方もある。

だが、そこは女性。極太で筋張った腕を手に入れたい方ってかなり少数派ですよね。求めるのは背中とか体幹のシルエット・引締めではないかと。

それに何と言っても「手がぁ⁉」です。痛いですし、トレーニング自体捗りません。なので・・・。

「女性の筋トレには握力補助グッズが必須!」

ーENDー