断酒初期のコツ|最初からダイエットとか新たな事を始めちゃダメ⁉

断酒

こんにちは。トオルです。

今回は断酒初期。お酒をやめて直ぐには、新たに努力を要すことを始めるのは控えようよ!って話をさせて頂きます。

なぜ、控えた方がイイ?。それは、お酒をやめたこと自体、既にその人にとって大きなストレスとなっているから。

 

お酒をやめるに至った経緯や動機は人それぞれでしょうが「現状を打破したい!」「人生を好転させたい!」という願いは皆同じ。

なので、多くの女性の場合はダイエット。男性では筋トレ。(思い当たる節があるのでは?)または仕事に全力投球、etc・・・。目標に向かっての努力は大変素晴らしい。

 

だけど、二兎を追うものは何とやらです。本末転倒にならないように、今は断酒以外に新しいことを始めるのは慎むべき。

「よく言われてることじゃん!」って思って頂いても結構。だけど、そう思ってる人ほど失敗するんだよ!って事で進めて参ります。

 

スポンサーリンク

お酒をやめて最低3か月間は断酒できてるダケで良しとする!

引用:アルコール依存症ナビ.jp

上の表はアルコール依存症で入院、その後に退院してからの断酒率を表したグラフ。

これは退院後の断酒率を示したものだけど、私自身の実体験を顧みても入院中の断酒は強制的。よって、私的には入院期間は“身体を癒す期間”であって「断酒期間」ではない。

なので、この断酒率の変化はとにかく「断酒後!の断酒率」として捉えてもらえばいいと思う。

 

話を戻す。これによると2か月半で半数が脱落している。(まあ、入院患者というのは自分の意思とは関係なしに放り込まれた人も・・・)

これが、断酒継続の難しさ。現実。と言ってしまえばそれまでだが、私は数値とかデータには無いその中身について述べたい。

具体的には、私と時を同じくアルコール専門病院に3か月間入院していた断酒仲間17人の退院後の経過。その17人とは断酒会、通院、他。退院後もお互いの近況をしる機会があった。

 

その17人の内、1人は退院初日に飲酒。この方は端から断酒の意思なしにて除外。その後11人が3か月以内に脱落(再飲酒)したのだが、特筆すべきはその方達の断酒初期のモチベーションの高さ。いや、今思えば「過剰な頑張り」とでも表現すべきか。

 

ある人は、これまで全く考えた事すら無いであろうボランティア団体への加入。また、ある人は転職。より高収入を求めて・・・。

その他もっと身近な例だと、ダイエットに筋トレ。(断酒+ダイエット・筋トレは本当に多いよなー。ちなみに私自信もやったが。)

 

まあ、人によって違いがあれ共通するのは「新しい自分作りを急ぎ過ぎてる!」ってこと。

断酒を試みるという事は、今の自分に何らかの不満とか問題があるからですよね。外見(おデブorガリ)、健康、お金、家庭不和、etc・・・。

なので断酒後すぐにダイエットに筋トレ。転職。その他、全部気持ちは分かる。だけど、頑張るには早すぎ。時期尚早です。

 

断酒という行為自体、大きなストレス。精神面への影響だけではありません。

これまで、日々当たり前の様に摂り入れてきたアルコール。なくなれば急には体が対応できません。自律神経失調、不快な症状の嵐。

頭痛・肩こり・疲れやすさ。異常な発汗、しつこい不眠etc・・・。ありとあらゆる不調が起こり得ます。

特に不眠は耐え難く、それを回避すべく再飲酒・・・。

 

断酒には程度の大小はあれ体力・精神、両面に負荷がかかり、また消耗します。

当然、本人自体非常に辛い。だけど、多くの断酒直後の方がトコトン我慢されます。限界まで。

そして、限界を超えて自暴自棄。再飲酒。しかも、その過剰な我慢・頑張りによって酷く消耗しており予後が悪い。最悪の結果も・・・。

 

逆に3か月以降も断酒継続ができた6人は口をそろえて言います。

「何もしてないよ!」

続けて、

「断酒してんだよ!これ以上ないじゃん!」

「これ以上ない!」。はい。この心境にこそが断酒初期の苦しい時期を乗り越えるコツかと。

ここでは例を挙げて追記、説明します。

 

いわゆる「断酒ブログ」は良くご覧になりますか?(このブログも一応・・・ですが)

私は毎日、色んな方の断酒ブログを拝見させて頂いて何年にもなります。が、実際の断酒と同じで「断酒ブログ」も3か月以上続くものは稀。(多くは1か月未満、いや更新7回くらい?)

そんな短命な断酒ブログの多くに共通しているのが「今日もダイエット頑張りました!」・「今日の体重!」・「バイトの面接に行きました!」。などなど、冒頭から「頑張ってます!」アピール。当然、断酒以外での「頑張ってます!」。

 

もちろんブログの書き方なんてものは自由だし、断酒ブログだからって内容は何でもいい。断酒で苦しいときに誰かに褒めてもらいたい気持ちも分かる。

が、それら短命の断酒ブログの主たちは前述べしたように「新しい自分作りを急ぎ過ぎてる!」。結果、オーバーロード(我慢の限界)を招いて断酒失敗。ブログも終了。

(そんなブログ主の方たちを悪く言うつもりはありません。きっと、ものすごく真面目な方達なんだと・・・)

 

対して、長く続いている断酒ブログ。いや、何年も断酒が続いているブログ主の文章からは常に「断酒ありき」が伝わってくる。断酒があって初めて自身が成立すると言うか・・・。

もっとも、そう思える人だから断酒継続が叶うのかもしれない。ただ、断酒継続のカギは確実にそこにある。

断酒を始めて間もない方。「断酒ありき」を学ぶべく、そういった視点で断酒の先輩方が書いた「断酒ブログという指南書」を読んでみて頂きたい。

 

あとがき

ぐだぐた。ながなが(長々)。取り留めのない文章を書いてしまった。が、本当に伝えたいことは1文で済むのかもしれない。

「断酒は素晴らしい。だから、しばらくの間は断酒の事だけ考えとけばイイんだよ!」

ーENDー

スポンサーリンク
断酒
あたたかいご支援おねがいします!

あわせて読みたい!

もう一生分のんじゃった!