【冬季は断酒の大敵】寒さは暑さよりストレス大にて防寒対策が必須⁉

断酒

こんにちは。トオルです。

今回は「寒さは暑さよりも身体的・精神的にストレスが大きいから、防寒対策を十分にしようね!」って話をさせて頂きます。

 

もちろん、寒さって誰にとっても大きなストレス。だけど、その中でも断酒(禁酒)、あるいはダイエットでの食事制限とか何かを我慢している人は要注意。

 

その日々のストレスが積み重なり、そして爆発。スリップ(再飲酒)。ダイエットで言うならば、ヤケ食い。いずれにせよ振り出しに戻ってしまう。(人によっては、以前より悪い状況へと)

 

だから結論から言ってしまえば「防寒対策」。いつもの冬より、1枚多く着ようね!ってこと。

たかが寒さと侮ってはいけません。

 

実際、僕は「そういう意識もするようになって!」初めて、断酒6年目を迎えることができました。

断酒(禁酒)に限らずかも知れませんが「継続」とは、小さな努力と工夫の積み重ねで成り立つ。

と、まあ。偉そうに書きましたが、具体的には「もう1枚着ようね!」ってことで先へ進めて参ります。

 

スポンサーリンク

寒さが飲酒欲求を増大させる理由!

寒いということは、季節的には冬。

時期的にも、クリスマス・忘年会・お正月、etc・・・。飲酒の機会(誘惑)には事欠かない。

確かに、この時期にスリップ(再飲酒)してしまうアルコール依存症者は多い。(僕も、もれなく・・・)

 

だけど、僕が考えるには時期的・環境的な誘惑だけが問題ではない。

それ以前に「既に寒さでストレスが溜りまくってる!」ってこと。

 

だって、僕ら(人間)の起源ってアフリカ。

必然的に暑さに強く、寒さ(冷え)に弱い身体の構造になってる。

要は寒いってだけで、ストレス大。だから、イライラする。そして、飲酒欲求へと・・・。

これについて、次に簡単に説明します。

 

アフリカ起源の僕らは寒さに弱い!(身体の冷点・温点の比から考察)

僕たち人類の起源は諸説あるもののアフリカ。暖かい地域。

よって、暑さにたいする防御機能(放熱)は必然的に進化してます。

例えば発汗。1時間で最大、約3L。1日だと最大12Lくらいの汗(気化)で身体を冷やせる。

 

対して、寒さには・・・。

引用:カイロで健康(冷点・温点)より

上の図は、僕らの体にある冷点と温点(温度センサー)の比率を表したもの。

一目瞭然ですが、約9:1で冷点が多い。言い換えると、それだけ寒さに弱いってこと。寒さは危機。

 

一応、寒さに対する防御機能(反応)として「鳥肌(とりはだ)」がある。

だが、僕らには残念ながら小鳥さんのような羽は無い。厳密に言えば毛穴が締まることで、多少の熱の放出が防げる。と、言われるが実際には殆ど・・・。

 

結局、寒さでゾクゾク感を覚え、ブルブルと震えだす。これが僕らの体にとって大きなストレスとなる。

だから対策として、冒頭で述べた「1枚多く着ようね!」って事になるのだが、次に「飲酒欲求との関連性」を示す。

 

寒さでゾクゾクは血管収縮状態。だから、血管を開こうと酒に手が伸びる!

いやー。ここでは血管収縮のメカニズム(お酒の影響)を図示したもの・・・。と、思いましたが「ワンちゃん♡」。酒樽を首にぶら下げた「遭難救助犬!」の写真を貼ってしまいました。

 

話を本題に戻します。

僕らの体(皮膚中心)に約9:1の比率で沢山ある冷点。この寒さセンサーである冷点からの信号が脳内の視床下部(体温調節中枢)に伝わると、先ほど述べた「鳥肌」・「ゾクゾクした感覚」が起こる。

 

この鳥肌。具体的には毛穴にある「立毛筋」が収縮した状態。詳しい説明は割愛ですが、この立毛筋が収縮すると先に述べた何とも言えないゾクゾクを感じる。

 

そして、この鳥肌やゾクゾク感。思い出して欲しいのですが、別に寒く無かったとしても経験ありますよね?「ゴキブリ発見!、etc・・・」。そう、恐怖を感じた時です。

 

これらはストレスです。なので僕らの体は交感神経が優位に切り替わり、皮膚表面を流れる血管(動脈)を収縮させて体温の放出を抑えます。「血管収縮」。

 

そこで、お酒。アルコールの登場です。

アルコールには、血管(特に抹消血管)を拡張し、体温の放出を促進する働きがあります。

その他、食事誘発性熱産生(DIT)とか、代謝作用での体温上昇なんかもあります。が、食事誘発・・・とか難しいですよね。なので、下に「飲酒後の体温変化!」として引用紹介です。

 

それで、表現はともかく「血管を開こうと酒に手が伸びる!」こととなります。

さらに僕たちは経験的に知ってます。「お酒を飲めば温まる!」と。これが1番厄介かもです。

 

あとがき(ほんの1枚羽織る心掛けを!)

私事ですが、僕自身のスリップ(再飲酒)は全て冬季に集中してました。(過去形!)

それまでは、やはりクリスマス・忘新年会などのイベント事が断酒継続の関心事。寒さとか、そんなことには無関心。断酒継続に影響するなど、考えた事もありませんでした。

 

ですが、断酒も3年目を迎えた頃。(現在、6年目)何となく「断酒継続のコツ」みたいなモノが分かり始めてきました。その中の1つが、今回紹介した冬季の寒さ対策と言うかストレス対策。

 

もちろん、各種のイベント事も懸案事項。ですが、これらは不可抗力的な要素が大きい。

だから、この時期に限らずですが日々を大切に生きる。具体的にはストレスを溜めないってこと。

今回の場合で言うと防寒対策。大げさじゃなくてイイ。手袋・マフラー・ホッカイロ、etc・・・。なにか1つ、新しく加えてみる。工夫してみる。

 

繰り返しになりますが、日々を大切に生きること。そして僕は断酒6年目。あと3か月ちょっとで7年目だ・・・。

「【冬季は断酒の大敵】寒さは暑さよりストレス大にて防寒対策が必須⁉」

ーENDー

スポンサーリンク
断酒
あたたかいご支援おねがいします!

あわせて読みたい!

もう一生分のんじゃった!