断酒したら必ず得られるメリット5選⁉

断酒したら必ず得られるメリット5選⁉

こんにちは。トオルです。

僕は断酒してから、もう丸5年。その間には数えきれない位の“良い事”がありました。

もちろん僕の場合は完全にお酒に依存していましたから、断酒できたこと自体が1番なのは言うまでもありません。

だけど、断酒で得られるものって本当に沢山あるし素晴らしい。

だから今日は、“普通の酒飲み”の人でも断酒したら必ず得られるであろうメリットを“5つ”挙げてみます。断酒のモチベーションUPに生かして頂けたら嬉しいです。

(この記事は以前に書いたもの2記事を1つに纏めたものです。読んだことある方はご配慮願います)

(1/5) 痩せた!

1番にお伝えしたい事は、やっぱり痩せたこと!

少しシリアスに“信用”とかも考えましたが、素直な気持ちというか日々日常的に感じられるメリットとしては“痩せたこと”。

体重の変化は断酒後3か月でマイナス9.1kg!。(84.3⇒75.2)

ウエストサイズに至ってはマイナス9.7㎝。体重が1kg落ちるとウエストが1㎝小さくなると言うのは本当でした。当然、メタボ脱出です。

よく“運動して痩せよう”とか言う人居ますけど・・・。中年で80kgオーバーだと正直、「ヒザ痛くて運動なんか、できません!」。

痩せることで初めて体を動かすのが楽しくなって来ます。

それに運動で痩せようと思うと果てしなく辛い。痩せようと思ったら、まずはカロリー制限。そう、お酒をやめるのが得策です。

(2/5) アンチエイジング(白く輝く瞳など)!

外観的なことが続きますが2番目はアンチエイジング、若返りです。

何となく白髪が減ってオデコが狭くなった様な感じもしますが、恐らくこの髪の毛に関しては僕の気のせいだと思います。周囲の誰からも言われません。

ここで特筆すべきは“目”。正確には“白目”が子供の様に澄んできたことです。

同僚の女性社員からも「トオルさんの目ってキラキラ!」って・・・。40代のオジサンでも何だか嬉しいじゃありませんか。

それまで私の目は例えるなら“鮮度が落ちた魚の目”。白目が黄色く濁っていました。

でも、何が如何して酒飲みの目は濁るのでしょう。

それは簡単に言うと肝臓のオーバーワークです。飲酒で肝臓を酷使すると“ビリルビンという色素”が血液中に増加。その色素が白目を染めるのです。言い方を変えると“色素沈着”です。綺麗なあの人(女性)の目も色素沈着・・・。あーいやだ、いやだ。

でも大丈夫!

それこそ浴びる程飲んできた私ですら、今はキラキラです。期間にして半年~1年くらいで明らかに澄んできました。半年~1年って長いですか?いえいえ、実際にはあっという間です。何たって、前述べした“痩せ”が同時進行しますから・・・。

(3/5)お金(家族へ回せる)!

外観的なことの次に来るのは、やっぱり“お金”

でも間違えちゃダメなのは“減らない訳じゃない”ってこと。正確には“減らない”ではなくて“他へ回せる”です。もっと言えば“敢えて他へ回す”とも。

今までの飲酒は良い悪いを別とすれば、その人にとって“必要な行為”だったんだと考えます。ストレス解消、寝付きとか色々でしょうが、結局それ無しでは自分を保てなかった。まさに“酒の力を借りる”です。極端に言えば衣食住と同じ。

だからこれは“断酒のコツ”でもあると思うのですが、今まで飲酒に使っていたお金は“他の楽しみ”へと回すべき。他で埋め合わせしないと苦しい断酒になってしまいます。

ただ、そこは考え方次第です。私の場合は“家族の為にお金を使う(回す)こと自体が楽しい”から、新たな物事にお金を使う必要は無いのです。結果、節約とも言えます。

(少しカッコつけました・・・。次行きます)

(4/5)トイレの心配が要らない!

酒飲み時代の私は、花火大会に行ってはトイレが混んでて冷や汗・・。飲み会終わって電車に乗れば、一駅毎に用足し下車・・。そして人には言えないトイレ絡みの失敗も・・。

これについては詳しく書きませんが、お酒飲んでるとトイレ×2で行動範囲が狭くなります。本当にトイレが理由で“酒飲み晩年”は子供とのお出かけも減りました・・。

断酒した今は当たり前に何処へでも行きますが、今度は子供が大きくなって相手してくれません・・。間に合う方は一刻も早く、お酒止めましょう。

(5/5)イライラしなくなった!

本当は精神的なモノこそ、1番のメリットかと。そんな中から一例ですが“イライラしなくなった!”ことを挙げておきます。

「会社でイライラ」「息子にイライラ」そして「ペットの亀さんにイライラ」。

特に最後の“亀さん”なんか水槽の隅で小さな音立てるだけ。コトッ、コトッって。何もピーピー鳴くわけじゃないんです。(⇐当時、10歳の娘にそう言って諭されました)

決して大げさでも何でも無く、本当に腹が立つのです。

よく知恵袋なんかに「子供が憎くてしかたありません。どうしたら・・?」って書き込みを目にしますが、これなんか典型的な“飲み過ぎ症状”です。見つけた時には迷わずに、「酒ヤメレ」と書き込みをして差し上げてます。

少しだけ真面目に言いますと、“我が子が憎い”とか本当に普通じゃない。

そんな“症状”が出ていて多量飲酒の自覚がある人は断酒。そうじゃなけれな病院へ相談しに行って下さい。我が子が憎い親など本来、一人もいない筈ですから。

あとがき

私はコレまでにも“痩せた”、“体重減った”と何回も書いてきました。

その狙いと言うか、願いは「お酒やめて欲しい」「断酒への一歩を踏み出して欲しい」。だた、それだけ。

断酒の最大のメリットは痩せることでもお金でもなく、「幸せになれる!」ことです。自分自身は当然、周囲も。

「断酒したら必ず得られるメリット5選⁉」

-ENDー

最後までお付合い頂き有難う御座います。