【低気圧】体調不良を克服するカギは内耳の血流にアリ!

健康法

こんにちは。トオルです。

今日は低気圧からの体調不良を改善する方法を考えたいと思います。

私の症状は“めまい”“首・肩のコリ”。皆さんの中には“寝込むほどの頭痛”という方も・・・。

近年、低気圧で体調不良が起きるメカニズムは明確になりつつあります。

気圧センサーである“内耳”が何らかの原因で過敏に反応し、その情報を過剰に脳へと送る。その結果、自律神経のバランスが崩れて様々な体調不良が起こってしまう。

メカニズムが明確であるならば、その“内耳に働きかけてみよう”

と、いう事で私の体で試してみました。

個人差はあるでしょうが、少しでもお役にたてれば幸いかと。

では。進めていきます。

スポンサーリンク

“乗り物酔いの薬”は確かに効いた!

色々と内耳について調べていくと、低気圧対策のみでなく“血流UP”が吉だと書かれていた。難聴、耳鳴り、そして不眠に鬱。その他にも内耳の血流を改善させれば多くの体調不良が治ると。

その中で“めまい薬”、市販のクスリで言うと“乗り物酔いの薬”が効果的だと。

(イメージを下に示しました)

f:id:zoozoopen:20180528120050j:plain

引用:「気象病とは何か」| NHK 解説委員室

この先、薬の選択は私は薬剤師でも何でも無いので参考に留めて欲しいのですが、「トラベルミン」というエーザイ株式会社の普通に薬局で買えるものをチョイスしました。

選んだ理由として“ジプロフィリン”という内耳の血流を改善させる成分が含まれていること。また、“医療用のものと成分が同じ”だということです。あとは入手が容易であること。

そして、肝心の効果は?

4割がた改善といったところです。

この4割の多い少ないは人それぞれの受け取り方があるでしょうが、特筆すべき事があります。それは、めまいだけでなく“首と肩のコリ”も同じように改善された事です。

正直に言いますと、めまいはともかく“コリ”に効くなどとは微塵も期待していませんでした。これまでにも、この首と肩のコリに対しては色んな事を試して来ましたが余り改善しませんでした。

それが4割がたとは言え“乗り物酔いの薬”で改善です。先に“低気圧の不調は自立神経の乱れ”と書きましたが、原因が自律神経であるのならば人によって様々起こっている不調も改善の可能性があるかと。

ただし問題もあり、それは“服薬”であることです。

私が古いタイプの人間だからかもしれませんが、どうも服薬にたいして抵抗がありまして・・・。2、3日のことなら未だしも、梅雨はひと月以上も続きますから。

なので、内耳の血流UP尚且つ服薬しない方法を試してみました。

“耳カイロ”の効果は如何に!

内耳の血流を改善させるには、首ストレッチやお風呂、ウォーキングなど色々考えられます。ですが、もっと直接的な方法はないかとネットサーフィンしてたら“耳カイロ”というのを見つけました。

読んで字のごとく、ホッカイロで時間にして5~10分間くらい耳を温めるというもの。私はホッカイロ(カイロ?)を2つ用意してヘアバンドで挟んで試行。

その効果は?

これは服薬していな日に試しましたが、これも服薬同様に4割改善といったところでした。首・肩のコリに対しては服薬を若干上回るかと。

ただし、効果の持続性の問題が・・・。

私が男性の割には“冷え性”であることが原因かもしれませんが、持続時間2時間といったところです。辛さには代えられませんが面倒。かといって着けっぱなしだと今度は汗ダラダラ・・・。

ううーん難しい!

だけど今回、“乗り物酔いの薬”“耳カイロ”両方を試した総論を述べると有効であることは確か。また当然、その効果も症状同様に個人差はあるだろうけどケースバイケースで使い分ければ良いかと。あとは貴方の不調が改善することを祈ります!

あとがき

血流。血行。

つくづく血流・血行が良いといのは低気圧に限らず、体調不良改善のキモだと感じました。今回は内耳に直接的に働きかけましたが食事、そして適度な運動。日々の生活を見直していきたい。

「体調不良を克服するカギは内耳の血流にアリ!」

-ENDー

最後までお付合い頂き有難う御座います。