【おやじレシピ】野菜嫌いな息子に「ニンジン潰しカレー」を作ってみた!(簡易レシピあり)

雑記

子供のためを思い料理を頑張ってはみたものの・・・。

「ニンジンきらい!かぼちゃきらい!」アレきらい、コレきらい。食べてくれません。

しまいには、母ちゃん激怒で子供泣き出し、大騒ぎ!

子供がいる家庭ではよく見られる光景ではないでしょうか?

そこで私からの提案。子供が嫌いなものは「潰せばいいんです!」。

しかし私、親父には難しいこと分かりません。ミキサーやら何やら。

だから私は鍋に棒突っ込んで・・。潰します。

いいんです料理とは愛情。好く言えば男の料理です。

「ニンジン潰しカレー」

オススメの親父レシピの紹介です。

スポンサーリンク

すり鉢を使う時の「棒」の名前って知ってますか?

f:id:zoozoopen:20180409122843j:plain

じゃん。

擂り粉木/摺り子木。スリコギです。

サンショウの木が良しとされていますが、主に木製のもの。

これを鍋に突っ込んでニンジンを潰します。

一応ながれで説明します。

(材料、4人分)※子供が好きな外食風サラサラ仕上げ※

  1. 豚バラ肉(2センチ幅)100g
  2. タマネギ(薄切り)  200g
  3. ニンジン(半月)    60g
  4. サラダ油       大さじ2
  5. 水          900g
  6. コンソメ       大さじ2
  7. カレー粉       大さじ1
  8. ハウス印度カレー    85g
  9. ウスターソース    大さじ1
  10. 中濃ソース      大さじ1
  11. 塩          小さじ1
  12. 酢          小さじ1

①フライパンにサラダ油を引きタマネギを炒め、少し焦げ目がついてからニンジン、豚バラを炒める。

(※注)お鍋で直接炒めると奥方に叱られます。高価なお鍋にコゲが・・・。

②鍋に移し、水、コンソメを加え約10分加熱。火を止めて。

ここで登場、スリコギ。鍋の中のニンジン目掛けてグイ、グイやります。

ニンジンは鍋底で動きません。逃げたりしませんから簡単です。

ここは自分の納得いくまで潰します。(私で3~5分くらいかなー)

(ここが良し!)

ハンドミキサー、ブレンダーの類って方付けやメンテナンスが面倒。

その点、スリコギは丈夫で長持ち。ピイと洗って終了。味も何だか奥深い。

③ハウス印度カレー、ウスターソース、中濃ソース、塩、酢を加える。火をつけて約5分煮れば出来上がり。

(ここがポイント!)

外食風のサラサラカレーを目指すには「ハウス印度カレー」が最適。

入れる量もメーカー推奨量の3/4くらい。もし、物足りなければウスターソースを足し入れる。

それと、もう一つ。忘れてはならないポイントが・・・。

やっぱり決め手はこれ!(まとめ)

今回のこの「ニンジン潰しカレー」。

子供達にとって、味やサラサラ感が外食風で目新しいこと。

大嫌いな野菜が見えないことも手伝って「おいしい!」との一言が口からコボれることでしょう。

ですが、ここから先が一番のポイントとなります。

子供達が「おいしい」と言ったら、すかさず、自然に「お母さんのカレーおいしいね!」。

絶対にこの一言を忘れてはなりません。

なにも奥方に恩を売るのではありません。

我々、親父は縁の下の力持ち。人目につかず、そっと支える。

これぞ家庭円満のレシピなり。なんてね!

あっ。ハンバーグのっけるとモットいいよ!

(最後まで読んで下さりありがとうございます)

スポンサーリンク
雑記
あたたかいご支援おねがいします!

あわせて読みたい!

もう一生分のんじゃった!