【ジムニー インプレッション】最終型 JB23-10型 5速MTランドベンチャー超良かった!

ジムニー

こんにちは!トオルです。

本日はスズキ株式会社(自動車)の回し者、いぬ?となって「ジムニー」のインプレッション、試乗レポートをお届けしたい。

というのも私、45歳となる現在までに13台(田舎で距離走るから少し多い?)の車を乗り継いできました。

そして今回、人生初の軽自動車として「スズキ ジムニー」を購入したのですが、これがいよいよ良いのです。もう、すこぶるイイ。身震いするくらい良いのです。

金額とか、サイズ的に良いとかじゃないんです。

車としての基本がしっかりしてるんです。走る、曲がる、止まる、そして何といっても安心感があるんです。メカとか車の特別な知識がなくとも、ハンドルを握り数百メートル走るだけで車から伝わってくる安心感。

「この車なら安全!」って思えるんです。だから運転してても疲れない。

不思議ですよね、サイズ的には小さくて不利に思えるんですが・・・。

やっぱり、「基本がしっかりしてる!」

言い換えるとこれは、「過度のコスト削減がされてない!」ってことかもしれません。

実際に度が過ぎたコストカットで、「残念な車」って案外多いですし・・・。

話を戻します。

ここまで良いこと尽くめに褒めたジムニーですが、使う人の環境(年齢、家族構成などなど)によっては不向きな場合もあると思います。今の私には「どんぴしゃり」だったってことです。

だから、実際にジムニー買った私がインプレッションします。

もちろん、「悪い点」も余すことなく・・・。

スポンサーリンク

誰もが気になる居住性(後部座席)!

f:id:zoozoopen:20180113141645j:plain

「ジムニーの後ろの席って実際、人乗れるの?」

ジムニー購入の検討、いや、「ジムニーを購入できない」理由として、その後席の狭さがあると思います。でも、イメージ先行で購入候補から除外するのはどうかと・・・。

上の写真は、身長175㎝の私が後部座席に乗り込んだものです。

分かり難いかもしれませんが、膝と前席の間は接触しておらず、数センチの余裕があります。つま先も運転席の下に入れることが出来、特別な不具合はありません。

更に追記ですが、運転席の前後位置は特別に前にスライドしたのではなく、私の通常の運転時ポジションです。(短足じゃありません!)

ただ、誤解の無い様に言っておきますが「余裕」はありません。せいぜい、30分の乗車に留めたい程度です。

ちなみに、私の長女(158㎝)は「まあ、大丈夫!」と言っておりますので、子供が小学生くらい迄ならありかなと。

購入検討の際には実車確認。必須です。

実燃費(満タン法で計測)!

①市街地(町乗り)

  • エアコンOFF=14.7km/L
  • エアコンON=13.2km/L

※特に低燃費を意識した走りではなく、しっかりアクセル踏んで加速してます。

②高速道路

  • エアコンOFF=16.6km/L
  • エアコンON=14.9km/L

※速度は80~95㌔にて

結論から述べますと「現代の車」として考えると燃費は良いとは言えません。

ただ、軽自動車・ターボ・四駆として考えると「まあ普通」といったレベルでしょうか。いずれにしても低燃費を求める車でないのは確かです。

(重要)

ジムニー燃費の注意点ですが、AT(4速オート)車は更に燃費悪く、私が購入前に試乗した車は町乗り9.3km/L程度でした。運転を楽しむ観点からも、MT車をオススメします。クラッチも大変軽く、渋滞も苦になりません。実際、私も若くはないのでMT車は疲れるんじゃないかと心配しましたが、憂いに終わりました。ぜひ、MTで。

(追記)

ジムニーの燃料タンクは40L!

今どきの軽自動車の燃料タンク容量って、だいたい25L前後。(同じスズキのハスラーで27L)当然、航続距離は伸びるし、スキー場の駐車場で、釣り等の時にエンジンかけっ放しでも安心です。(環境負荷の問題あってアイドリングはダメですが・・・)

特筆すべきは乗り心地・その走り

「ジムニーの乗り心地は良い!」

これ本当。走り出して数メートルで感じられ、数百メートルで納得できるだろう。

とにかく、ガツン!といった衝撃、振動が見事なまでに抑えられており、かなり路面状態が悪かったとしても、ドライバーはそのことに気がつかないくらいです。

これこそ、「リアルオフローダー」としてのジムニーの真骨頂。

ラダーフレーム構造(ランクル、ジープもそうです)だからこそ成し得るレベルの特筆すべき乗り心地の良さです。

ただ、このジムニーの乗り心地については否定的な声もあります。

それは揺れることです。

軽自動車ゆえのサイズ、ホイールベース短、横幅(トレッド)狭い、そしてリジットタイプという独特の足回り。確かに揺れは感じます。

でも、私は不快には感じません。もしろ、本格的な4WD車に乗っているのだと、「安心感」さえ覚えます。きっと、いざという時には真価を発揮してくれるのですから。

ここがダメ!

ここまで良いことばかりでしたが、最後に一つだけダメな所を・・・。

「塗装がショボイ!」「塗装が薄い!」「塗装が・・・!」

そう、塗装がダメなんです。

塗装にはコストカットの影響が見え隠れしています。素人目にみても低品質なのは明らか。新車のうちは良くても・・・。これを見越して、オプションカラーにしてみたんですが、当然、色は違いますが品質は変わらずでした。

これも「リアルオフローダー」の所以でしょうか?

「ジムニスト」っていう言葉ありますが、歴代のジムニー乗りは塗装なんか気にしなかったのかも知れません。メーカーであるスズキに対して「塗装なんかいいから基本性能重視で!」って。スズキはユーザーの声に忠実に答えた結果がショボイ塗装かも。

追記:18年度中にモデルチェンジ(新型へ)

重要な事を書き忘れていたので追記です。

今回、私が購入したジムニー(JB23型)は18年度中にモデルチェンジされ新型へ移行します。私は、この情報を承知の上で、現行型の最終になるであろうジムニー(JB23、10型)を購入しました。

あえて、この時期に現行ジムニーを選択したのはモデル末期だからこその成熟、完成度の高さ、そして良くも悪くもありますが、基本設計は20年前の車なので構造がシンプルである所に惹かれたからです。

モデルチェンジ後のジムニーは当然、世の移り変わりに習いエネチャージ等のハイブリット的なシステムの導入がなされることでしょう。

これはこれで大変結構なことだと考えます。しかし、私にとっての車とは「シンプルイズベスト」なのです。説明が難しいですが、余計なものが無いからこその「リニアな操縦性」を良しとしたい。まあ、私自身アナログ人間なのでしょう。

(最後にもう一度)

「ジムニー、JB23型、超イイですよ!」

ーENDー