【断酒方法】依存症者こそノンアルコールビールを活用すべき理由!

断酒とダイエット

こんにちは!

お酒をやめたアルコール依存症者のトオルです。

今日は“アルコール依存症の断酒方法”としてのノンアルコールビール活用について考えてみます。

 

「断酒中はノンアルコールビールを飲んでも良いのか否か!」

これには諸説あるものの医師など“いわゆる専門家”の意見としては否定派(ダメ)が大半を占める。

だが、その根拠はと尋ねると“精神論的”であったりして曖昧。また“時代錯誤”も甚だしいこたえだったりもする。

 

もっとも“普通の酒飲み”には他愛もない問題かもしれない。

だが、 アルコール依存症を患う者にとっては、これは結構大きな問題。

そこで私は断言する。断酒開始から丸5年、積極的に活用してきた私が断言する。

 

「ノンアルコールビールは飲んでもいいんだよ!」

「むしろどんどん活用すべきだ!」

では。少々お時間を頂き「なぜ、飲んで良いのか!」について、説明させて頂きます。

(以下、“ノンアル”で進めます)

“ノンアルコール飲料”の定義からの否定意見!

「ノンアルコール飲料」と言っても、アメリカでは0.5%まで、日本では1%まで、EUでは1.2%まで(イギリスは0.05%まで)のアルコール分が法的には認められている。

ノンアルコール飲料 – Wikipedia

ノンアル否定派の意見として上の法律が引き合いにだされる場合が多くあります。

要は“1%”まで認められているのだから“誤飲”(知らずに飲む)の可能性があるとの意見が述べられます。

これは確かにノンアル飲料発足当初(2003年の道路交通法改正以降~)は、実際に0.5%のアルコールを含んだ商品が流通していたのは事実。

 

ですが、2007年に再び道路交通法が改正強化。その後、2009年4月に日本初の0.00%ノンアルコール飲料としてキリンフリー」が登場。それ以降、“ノンアルといえば0.00%”を指すものとなっております。

 

お年寄り、いや“断酒の先輩方”の中には、ノンアル飲料発足当初の微量なアルコール混入のイメージが残っている。だから「ノンアルなんか絶対ダメ!」だとおっしゃる。

 

だが、2018年現在。微量なアルコールを含んだ“ノンアル飲料”は一切流通しておりません。

少なくとも“タンスの中を漁る”など、積極的に望まないかぎりは入手できません。

 

だから、未だに「ノンアル=微量アルコール」などの認識を持った方が居たら、逆に教えてあげましょう。

ノンアルコールビールは飲んでも良いんだよ!」って。

 

「ノンアルコールビールは再飲酒の引き金になる」は真実か?

現在、“いわゆる専門家”は口を揃えていう。

「ノンアルは最飲酒(スリップ)の引き金になるから飲むべきでない!」。

 

そして、歴史的見地から見てもそうなのだと言う。

更には、体験談として「ノンアルが飲酒欲求を呼び覚まし、再飲酒に繋がった!」と言う方も。

 

さて、これらは真実だろうか?

いや違う!私が考える真実はこうだ。

 

ノンアルを飲んでいた依存症者が再飲酒(スリップ)したのは事実であろう。

しかし、解釈の仕方が間違っている。原因、主因はノンアルではないのだ。

再飲酒(スリップ)した依存症者が、たまたまノンアルを飲んでいただけ

 

再飲酒の原因は、その他多くの依存症者の場合と同じ。

ストレス、葛藤。etc・・・。理由は様々あるだろう。

が、結局の所確固たる断酒の意思が足りなかったのです。

さらに付け加えれば、依存症者が再飲酒(スリップ)を繰り返すのは当たり前。

 

ここで一旦、話を纏める。

断酒成功に至るまでには当然、紆余曲折ある。が、その過程の中で飲んだり嗜んだりした“ノンアル”を、いちいち再飲酒の原因などど結びつけること自体がナンセンス。そして全く意味を持たない。

 

言い換えると共に断言します。

確固たる断酒の意思を持つ者にとってノンアル飲料は最高の相棒になりうる

 

 あとがき

私が現在(2018)まで、断酒を始めてから丸5年。特に断酒開始当初。それはもう頻繁にノンアルの力を借りました。いや、ノンアルを利用したと言うべきかもしれない。

私は「断酒継続の為であるなら何でも利用すべき!」だと考えています。周囲に迷惑をかけるもので無ければ、どんな手段を使ってでも断酒継続。当然、ノンアル飲料もその手段の1つ。

 

そして、この様な考え方こそが「断酒成功のカギ」だと私は思う。あれもダメ、これもダメ。そんな、我慢ばかりの断酒は続きません。ノンアルコールビール。大いに結構ではありませんか!

アルコール依存症者だって「1日の終わりに自分への小さなご褒美」。

それが、ノンアルだとしても。それは、必要なことなのです。

 

(2018/10/26追記)

数あるノンアル飲料の中では“ノンアルコールビール”が良い。その成分に含まれるGABA(ギャバ)の働きで、ストレス緩和、そして断酒したら多くの方が経験する“頑固な不眠”。不眠にも効果大。

 

その他、メカニズムとして少しだけ・・・。とも考えましたが、これはナンセンスですね!

この手の情報など、他に溢れる程にありますから。だから最後にもう一度。

ノンアルコールビールは飲んでも良いんだよ!」。

ーENDー