もう一生分のんじゃった!

断酒を軸にダイエット、筋トレ、ジムニーと色んな幸せの形を追い求め発信したい!

肉体労働のベテランが教える“腰痛対策”ベスト3選!

f:id:zoozoopen:20180502143628j:plain

 

こんにちは。トオルです。

今日は腰が痛い時の対処法について。

僕は、いわゆる“肉体労働”ってやつに20年以上従事してきました。

 

その間、腰痛は常に頭痛の種!

繁忙期には「如何にして次の休みまで腰を持たせるか!」って真剣に考えるほど“腰痛対策”には悩まされ続けました。

 

お蔭と言ったら変ですが、これまでに数えきれない程の“腰痛対策”を試してきました。ですが実際に効果があったのはほんの僅か。

 

今日はそんな沢山試した中から厳選して3つ。ご紹介させて頂きます。

ただし、「今まさに魔女の一撃がっ!」って人はスルー願います。経験上、ぎっくり腰などの急性期には“冷やして寝る”のが1番。焦ったってどうもならん!

 

ということで「“腰痛対策”ベスト3選!」。本題に入ります。

 

 

その①、“仙骨”をシャワーで温めるべし

 仙骨(せんこつ、Sacrum)とは、脊椎の下部に位置する大きな三角形ので、骨盤の上方後部であり、くさびのように寛骨に差し込まれている。その上部は腰椎の最下部と結合しており、下部は尾骨と結合している。通常、5つの椎骨から16--18歳ごろに癒合開始し、多くの場合34歳までに完全に癒合する。

引用:仙骨 - Wikipedia

 

ウィキペディアによると仙骨は「多くの場合34歳までに完全に癒合する」。ということは、大人になっても20代くらいだと仙骨は完全には固まっていない!

 

関連性が有るのかは分かりませんが20代の時は“仙骨付近”が痛かったなぁー。当時は“腰の付け根が痛い”って表現してましたが、まあ若いころの腰痛は殆ど仙骨付近でした。(今もかな・・?)

 

はい。話を戻しまして対処法です。

仙骨めがけて熱いシャワー、なるべく仙骨付近に近づけて。

温度の目安は41℃前後でお風呂の温度と同じくらい。時間は約5分程度。

出来れば出勤前が効果的!

 

最近は湯たんぽで15分!なんて聞きますが、出勤前にそんな時間はありません。

細かなとこに拘らなくてイイですから、とにかく約5分。

朝一で腰回りの血流を促進してやるのが吉。

(仙骨シャワーは痛むとき限定です)

 

その②、ストレッチ系は“お尻”だけ!

 

引用: ふじの整体研究所

 

肉体労働系の腰痛でストレッチするなら「お尻!」。お尻伸ばしがキモです。

立ちっぱなし、歩きっぱなしで“お尻”の筋肉が固くなると“腰痛”に一直線。お尻の柔軟性が失われると骨盤の動きが制限されるので、必然的に“腰が丸まった”形での作業となり背部の筋肉が過度にひっぱられて疲労します。

 

私も若いころに先輩方から「腰を下ろして作業しろ!」と口酸っぱく言われた記憶があります。ですが疲れてくると難しい。つい腰が丸まってしまいます。

 

そういう時はひと休憩してお尻伸ばし。私なんかトラックの助手席でさえストレッチしてました。本当は複数個所のストレッチが良いのでしょう。ですが、1つに絞って行えばいつしか“癖”になります。

 

お尻を伸ばす動作が“癖”になれば腰痛になる頻度は激減。ぜひ、お尻伸ばしを“癖”にして肉体労働に耐えうる身体をキープして頂きたし。

 

その③、信じる者は救われる“腹巻き”

 

f:id:zoozoopen:20180502192053j:plain

(この画像に深い意味はございません)

 

最後は腹巻き!です。えっ。そんなこと・・。

“つまらん!”とか言ってはいけません。実際に試したことがあって言うのなら分かりますが、試しもしないで先入観でモノを言ってはダメ。

 

私とて今でこそ“愛用者”ですが以前は「効くわけない!」って思ってました。腹巻きなんかマンガの世界の話だと。(ど根性がえる・梅さん?)

初めはやはり現場の先輩でした。「騙されたと思って着けてみい!」って。

 

そしたら・・・。良いじゃないですか!。もちろん即効性が有るとか、腰痛が全く無くなるとは言いません。酷くならないと言うか、ぎっくり腰のように“破綻しない”のです。毎日の仕事ですから、この“破綻しない”ことは大切。細く長くです。

 

効果としては“冷え防止”は勿論、1番はその微妙なサポート力に有るんだと思います。

布1枚ですが、この布1枚のサポート力がカギかと。

 

サポート力の話が出たので追記しますが、ココで言う“腹巻き”とは本当に布1枚の薄いものです。決してコルセットに近い様なものではありません。(私のはGUの数百円~)

 

いわゆる“コルセットタイプ”の丈夫なモノは絶対にオススメできません。

そういうものは短期限定に留めておかないと、逆に筋力低下を招いてしまい回復の機会を逃します。実際に若くして“手放せなくなった”人は大勢いますので注意が必要です。

(腹巻きも“手放せなく”なりますが・・。お察し下さい。)

 

あとがき

 

私は幸い腰痛からヘルニアとかに発展しませんでしたが、仕事の同僚の半数近くが何らかのバクダン持ちになってしまいました。

まあ、私の職業が特別なのかもしれません。ですが腰は意外と脆いです。実際に多くの方が何らかの“ケガ”で苦しんでおられます。

 

今日は“腰痛対策”として紹介しましたが、「無理をしない」のが1番のクスリです。そうは言っても難しいとは思いますが、出来る限りご自愛くださいます様お願いします。

 ーENDー

最後までお付合い有難うございます。