もう一生分のんじゃった!

「お酒をやめたらこんなに痩せました!」「お酒をやめて筋トレ・おじマッチョ!」等々、お酒をやめて身近な幸せを求めるブログです

【体験談・断薬方法】抗不安薬デパスの一気断薬経過と離脱症状緩和(断薬3日目)

f:id:zoozoopen:20171209135809j:plain

こんにちわ!

お酒をやめたアルコール依存症者のトオルです。

デパスを一気断薬してから3日目が終わろうとしております。

 

今日は辛かった!

何回も何回も断薬を中止しようかと考えました。

本当に100回以上、「もう断薬中止!」⇔「いや断薬続行!」っていう葛藤の繰り返しでした。でも我慢しました。我慢、我慢です。

 

もう何年も前の「断酒当初」の辛さを思い出しました。

アルコール離脱と比較しても無意味かもしれませんが、このデパス離脱(ベンゾ離脱)の辛さってちょっと異常ですね!

 

だって、デパスって処方薬でしょ。今日は本当に命の危険を感じましたよ・・・。って話を戻しますが、あまりに辛すぎて、やれ離脱症状の緩和法ウンヌンとかそういうの全く考える余裕はありませんでした。

 

だから今日は離脱症状の詳細をひたすら述べていきます。

私は一気断薬を選択しましたが、一気断薬ってオススメできませんね!

辛い。危ない。やばいかも・・・。では進めていきます。

 

《※断薬2日目はこちらから※》

   スポンサーリンク

 

 

1、聴覚過敏

 

とにかく耳が良く聞こえる。

聞こえるというより直接、脳に音が響くとの表現が適切かもしれない。

音で驚く。音が怖い。音で吐き気がする。音で過度に疲れる・・・。

 

2、感覚過敏

 

服が肌に当たるのが不快に感じる。時折、痛い感じもする。

さらに、空気ですら触感を感じる。大変不快だが逃げようが無い。

 

3、手足のこわばり

 

指や手首の腱が炎症を起こしたかの様な痛み。目視で実際に腫れているのが確認できた。ストレッチしようが温めようが改善なし。

パーキンソン病にでもなったのではと心配になり、必死に調べ続けた。

歩き難いし、とにかく不自由この上ない。

 

4、皮膚の下を虫が這い回る感じ

 

そのままの表現。ふくらはぎ等が最も顕著だが、腹部にも発生。

だだでさえ眠れないのだが、不眠を加速させる。

むずむず脚症候群というのかもしれない。

 

5、食欲低下・体重減少

 

断薬後の3日間で5㎏体重減少。

実際に食べれないのだが、それ以上に無駄にエネルギー消費感あり。

 

6、健忘

 

ほんの数分前の事柄を忘れる。これはこれで恐怖。

若年性のアルツハイマーにでも進行するんじゃないかと・・・。

 

7、抑うつ

 

私には抑うつ感情は大変堪えた。

自身にこれも離脱症状の一つだと何度も何度も言い聞かせるも、どうしても抑うつ感情に飲み込まれてしまう。

断薬の意思自体が揺らぐので非常に厄介。事前の心構えが必要。

 

8、残尿・尿漏れ

 

恥ずかしくも在るが書き残しておく。

残尿感だけなら良いのだが、実際に尿漏れを起こした。

当然、自尊心も傷つくし、外出困難。

 

9、パニック発作

 

パニック発作という表現が適切なのか分からないが、過呼吸を起こしてしまう。

安静にしていれば大丈夫だが、ほんの少しの刺激で動揺する。

通勤の満員電車でパニック発作・・・。こんなの考えたくも無い。

他人にも直接迷惑かけるし。

 

《断薬3日目を終えて》

今日は冒頭に述べたように離脱症状を列記させて頂きました。

もちろんこれらの離脱症状は大変苦しいものです。

しかし、事実として私は当然、死ぬこともなければ狂いもしてません。

よって、明日以降も「これは離脱症状であり一過性のもだ!」と自身を諭し、断薬成功まで頑張ろうと思った3日目を終わります。それではまた次回。

 

《断薬4日目・5日目記事はこちらから》

 

  スポンサーリンク