もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

【スリップ・再飲酒】アルコール依存症者よ!鬱々しいだろうが大丈夫だ!

20170907082256

 

「一年以上、飲まずにいられたのに・・・。」

「俺はダメだ・・・。一生断酒なんか無理だ!」

 

これは先日。このブログへの書き込み(コメント)の一部だ。

そして、文章の状態から明らかに「自暴自棄」な状態であること。また、「お酒を飲みながら」書き込んでいるであろう事が容易に読み取れた。

 

私の言葉で要約する。

 

「医者からアルコール依存症であると診断された。そして入院。退院後、一年以上お酒を断ってきた。だがスリップ(再飲酒)した。一生断酒なんか無理だ。自分はダメな人間だ。もう飲む事を選択する」

 

この場をかりて再度返信する。

ダメでも無理でもない!

 

 

 

私も同じ道を歩んできた!

 

 本当に見出しの通りだ。

彼と同じ。

私はアルコール依存症治療の専門病院に3ヶ月入院。その後、一年半断酒したが再飲酒。その後は本当に「数え切れない位。断酒に挑戦。そしてその数だけ失敗」。

 

そして、失敗の理由も同じ。

直接のきっかけは多種あるが、根底にあったのはこれ。

「一生涯。お酒が飲めないなんて無理。もういい。」

 

死ぬまで「飲めない」と考えてしまう・・・。確かに無理だ。胸が張り裂けそうになる。

だからこそ。アルコール依存関係者なら誰もが聞く「一日断酒」なのであろう。

この「一日断酒」についての詳細は省くが、私には一日断酒の考え方はない。

 

もちろん。この考え方を否定するつもりはない。多くの方の実践と実績が証明している。ただ、私にはこの考え方は「合わなかった」とでもいうのか?。表現が難しい。

 

しかし私の考え方はシンプルだ。

「飲んでもいい時が来たら飲む。だが今は飲まん!」だ。

お叱りを受けるかもしれない。だが、私は「次に酒を飲む時」を決めている。

だが、私の断酒は続く。最低でもあと三十年はくらいは飲む事はないだろう。

 

要は。「一生涯飲まない」と考えると事実として厳しい。正直、これが出来る方がどれだけ居るだろうか?百人に一人。いや千人に・・・。

 

だから私は「飲む時」を決めた。そうしたら不思議。断酒五年目だ。

多少、奇抜な「考え方」「方法」でいい。その人なりの「断酒方法」を見つけてみて欲しいものである。

 

 

 

私が次に酒を飲む時!

 

「次に飲む時」と書いたが、必ずこの時が訪れるかどうかは本人(私)にも分からない。私が定めたのはこうだ。

 

「子供たちが巣立ち。そして妻を看取った後」。こんな日が訪れれば私は酒を飲むと決めている。

ちょっと文章にするとカッコ良すぎる感も否めないが・・・。だが、私はこんな日が訪れる様に努力している。

 

その絶対条件が「断酒」なのだ。

ただ、妻は健康で同い年・・・。

【最後に】

スリップ・再飲酒の後。とにかく鬱々しいだろう。だが、何回も挑戦するのだ。

何回も。何回も・・・。大丈夫だ。私も通った道だから。

 -end-