もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

患者本人の視点「若者よ、20年さきを見越して飲め!」

20170509203909

 

私はお酒をやめたアルコール依存症者だ。

元々酒は好きだったが、学生生活を終えて就職後に飲んだ酒には「苦い記憶」がつまっている。

大人の壁にぶつかっては飲み。世間の常識に自分を従わせるために飲んだ。

私にとっての酒とは、「大人を演じるための道具」だった。

酒を飲むという行為や動作のことではなく、酒の力をかりて自分を解放させてやる必要に迫られたのだ。なぜなのか。

 

 

 

 なぜ、自己解放が必要だったのか?

 

私は世間の常識に囚われすぎたのだ。

安定した大企業に勤めるべき・・・。上司には従うべき・・・。家庭をもつべき・・・。

いわゆる世間の常識に従っただけで、これらは全て「自分が望むこと」ではなかったのだ。

 

当然、これには常に自分との葛藤がつきまとう。「俺はこうしたい!」と願う自分を強力に押さえ込む必要があった。

そこで私は酒の力を借りたのだ。そして「一時的な成功」を手中におさめた。

だが所詮、酒の力を借りて得た成功であって私が望むものではなかった。

心から望まぬ成功は長くは続かない。すぐに崩壊した。

 

自分が望むように生きろ!

 

私には二人の子供がいる。もう小さくはない、受験生だ。

しかし勉強しろとは言わない。「やりたいことの為にがんばれ!」という。

一人はゲームで生きていくらしい。

いわゆる常識で考えると疑問符がつく。だが私は知っている。

 

安定した生活だけが幸せではない。「安定」という言葉の意味を取り違えてはいけないのだ。

安定とは経済的だけでなく、常に心も満たされてこその「安定」である。

綺麗ごとだと思ってはいけない。お金よりも心が満たされたほうが幸せなのだ。

事実、あなたも子供の頃はお金が無くても楽しかったのではないか。思い出して欲しい。

 

 

 

酒の力を借りてはいけない!

 

20170509203747

 

ここでいう酒とは、一時的に「現実から解放してくれる道具すべて」を指す。

また、現実から解放と言っても気分転換の手段の事ではない。それに依存しなければ自分を保てない物質、行為のことだ。

 

その中から私は酒を選んだ。そして、その力を借りて一時的に掴んだ、いや掴んだと思っていた。

酒の力で自分をごまかし掴んだものなど、ただのまやかしにしか過ぎない。

そんなものは直ぐに煙のように消えてしまう。

 

そして今、私は酒をやめた。社会に出て20年以上、もがき苦しみ、さまよい続けてスタートラインに戻ってきた。振り出しだ。

この20年が全て無駄だったとは言わない。ただ少なくとも「酒の力を借りて得られるものは何も無い!」とは断言できる。

 

仕事の悩み、そして不安。色々あるだろう。

ただ、これから一年は酒の力を借りずに精一杯努力する。

そして一年後にもう一度考えてみよう。自分は本当に「幸せ」なのか?。

時には勇気をもった決断も必要だ。なにせ「人生は一度きり」なのだから。

 

そして、私は「もう一度」だが、あなたは「これから」だ。

自分が望むように生きて頂きたい!

 

「若者よ、20年さきを見越して飲め!」

 ーお酒をやめたアルコール依存症者より