もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

【断酒効果】お酒をやめたら子供の笑顔がたまらない!

 

子供

 

私はお酒をやめたアルコール依存症者である。

お酒をやめる事=「断酒」には本当に沢山のメリットがあり、それは身体的な健康であったり、または金銭的な問題からの開放であったりする。

そして題記の「子供の笑顔がたまらない!」もその一つである。

またこれは「子供がかわいいのは当たり前!」という、そこの貴方にこそ伝えたい事でもある。

貴方は理由はともかく「お酒がやめたくて」ここに辿り着いたのではないだろうか?

それでは早速、そんな貴方の断酒の一助となるべく「お酒をやめたら子供の笑顔がたまらない!」について進めさせて頂くとする。

 

 

 

その気持ちはアルコールが作り出している!

 

こんな気持ちになることはないだろうか?

 

  • 「我が子なのに憎たらしい!」
  • 「自分の子供がかわいくないなんて俺は大丈夫か・・・」

 

結論から述べよう。

貴方自身が「なぜだ?・俺は大丈夫か?」と感じているこの「ちぐはぐな気持ち」は全てアルコールが作り出しているのだ。

本来、いや絶対に、本心から我が子を憎む親など誰一人としていない。

この貴方が感じている不条理な気持ち・感情こそが、アルコール過剰摂取の特筆すべき弊害の一つなのである。

そしてこの事は、その他の「全ての対象についての感じ方」でも同様である。

 

  • 根拠の無い「劣等感」
  • 根拠の無い「不安・絶望感」
  • 根拠の無い「怒り・悲しみ」

 

そう、貴方が今感じている気持ちには全く「根拠」「事由」が無いのである。

もっとも、仮に思い当たる節があったとしても、その事自体を作り出しているのもまた同じくアルコールである。

 

しかし、アルコールが原因ゆえに解決方法が一つだけある。

聞きたくないかもしれないが「断酒」これしかない。

「そんなこと分かっている!」

「くだらない事かくな!」とお叱りをうけそうだが、ここは少しだけ我慢して読み進めて頂きたい。

 

 

 

「やめられない」と思う気持ちもアルコールが作り出している

 

ここまでの話を要約すると「アルコール過剰摂取で全ての対象についての感じ方・受け取り方が根拠の無いものとなる」という事なのだが、これはお酒をやめる事=「断酒」についても同様である。

 

今貴方は「お酒をやめるなんて無理・できない!」と思い感じるかもしれないが「なぜ故、そう思うのか?」と問われたら真に返答できるだろうか?

 

  • 「一般的にそう言われているから・・・」
  • 「断酒が困難なのは当たり前!」

 

返答例としては色々あるだろうが、これまで貴方が見聞きしたアルコール依存関連の情報自体が貴方と同じく「未だアルコールに感情コントロールされている人」の言動から作られたものだと考えたら、その情報自他も何の根拠もないのではないだろうか?

 

もちは餅屋。アルコールはお酒をやめたアルコール依存症者に聞けである。

そこで私は断言する。

 

「断酒は易しい!」

 

いや、私とてアルコールに感情コントロールされていた時は貴方と同じく、断酒なんてできないと思っていた。

しかし、完全にアルコールの支配から逃れた今、断酒当初を振り返ってみて思う。

真実としての「断酒」は易しかったのだ。

 

あっ。

「おとーさん、おとーさーん!」

子供が笑顔で私を呼んでいる。

私は今「子供の笑顔がたまらない!」これが真実である。