読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一生分のんじゃった!

私は少しだけ先にお酒を止めたアルコール依存症者です。ただなかなか最初の一歩をふみだせず多くのものを失ってしまいました。みなさんには後悔してほしくないとの思いで書き綴っていきますのでご覧いただくと幸いです。

メンタル改善ウォーキング「結果として7km歩いてみた効果と気持の変化は?」

[マシン]

 ※雨天にてイグニオ(アルペン)ランニングマシン使用しました。

 

あれこれ考えず歩いてみよう!

 

私はお酒をやめたアルコール依存症者なのだが、依存症になるまで飲み続けた原因の一つに元々の「メンタル的な弱さ」を自覚している。

日々のストレスを上手く発散できず、取るに足らない事を気に病み、そしてそれを何時までも引きずってしまう・・・。

 

とまあそんな私であるが・・・。

ここ最近、うつ気味なのだ。

春を迎え暖かく過ごしやすい季節を喜んでいたの束の間、「季節性感情障害(SAD)」

に悩まされている。

身体的な症状としては、目のまぶしさ、肩こり、首こり、しびれ、不眠などの自律神経失調症状。

そして精神的には「とにかく不安」でしかたない。

今の所は「意欲の低下」には至っていないが、経験的に今の状態をほっておくといずれそうなるのは目に見えている。

 

そこで今日は「あれこれ考えず」歩いてみる事とした。

歩き方のポイントとしては「あれこれ考えない事」で、やれウォームアップがどうとか、どれくらいの速さ、距離などの「決め事」は一切無しで、とにかく歩いてみたのでその「効果」と歩き終えた後の「気持ち」をお伝えしようと思う。

 

最初にお伝えしておくが初めから7km歩こうと決めた訳ではなく、結果としての7kmであり、これが私の「一日で心地よく歩ける距離」だった事を付け加えておく。

 

 

 

一回目・歩き始めから3kmまで(ネガティブな思考)

 

私は普段朝食は摂らないのだが、この日は軽く玄米ご飯と味噌汁を食べて数時間後に歩き始めることとした。

だが歩こうと決めたものの、何だか「億劫」でなかなかその気にならないのだが、「えい!」と気合を入れてとにかく歩き始めた。

早速、歩き始めてすぐに頭の中が「ネガティブな思考」で一杯になっているのに気づいた。

「新しい上司とうまくやっていけるだろうか?」「逃げたい」・・・など等。

そしてそのまま自分の「ネガティブな思考」を感じながら2kmを過ぎたころであろうか、そのネガティブな思考は徐々に薄れて行き、今度は身体的な事が気になる様になってきた。

その身体的な事とは「全身のコリ」であった。

普段から緊張の為か、首、肩のコリは自覚していたのだが、この時始めて「背中」というか「肩甲骨」周りが異常にコリ固まっているのに気づいた。

そしてこの「コリ」だけを感じながら3kmを過ぎ、疲れてきたので一旦休憩する事とした。

 

 

 

二回目・3kmから5kmまで(背中のコリ)

 

昼食(親子丼で玉ねぎ超多め)後、しばし休憩のあと再度歩き始めた。

一回目に歩き始めた時はネガティブ思考で頭の中が一杯となっていたのだが、二回目は最初から「体のコリ」だけが感じられ、そしてこの「コリ」のみに自然と意識が集中していくのがはっきりと分かった。

そしてそのまま4kmが過ぎたころ、なんと「無意識」に私の体が「コリを解す動作」をしている事に気づいた。

ちなみに私には日々の運動習慣はなく、ましてウォーキングフォームの知識など全く無いのだが、「無意識」に腕というか「肘」を前後に大きく動かし「肩甲骨まわり」を解す動作をしているのがはっきりと分かった。

その後しばらくは「心地よさ」だけを感じながら5kmを過ぎ、喉の渇きを覚えたので再度休憩とした。

 

三回目(最後)・5kmから7kmまで(心地よさ)

 

しばしの水分補給休憩後に再度歩き始めたのだが、最初に感じていた「ネガティブ思考」はこの時の私の頭の中には全く無く、「心地よさ」だけが感じられた。

その後はその「無意識の動作」から得られた「心地よさ」だけに身を任せ、そして7kmに差し掛かった頃に「心地よさ」が「疲労感」に変わり始めたのを感じた時点で、本日のウォーキングを終了する事とした。

 

 

 

 

まとめ

 

まず初めに特筆すべきは、「あれこれ」考えなくても人間の心と体というものは、その人が本来持っている「自己治癒能力」によって自然に改善されるという事であろう。

今回のウォーキングでも、当初は「ネガティブな感情」に支配されていた私であったが、次第にそれは薄れ、自然と身体的な不具合を「無意識」に解消しようとし、そして最終的には「心地よさ」だけに包まれた。

ただ、我々現代人はやはり極端に利便性を追い求めた結果、「頭・心の疲労」だけが先行し「体とのバランス」がとれない故に、メンタル的な不具合を抱えてしまうのではないだろうか。

そこでウォーキングである。

もちろんこれは「改善する為のきっかけ」を与えるだけに過ぎず、他の運動でも趣味でも何でも良いのであり、「私はウォーキングを選んだ」というだけなのだ。

しかし、ただ一つ言える事として「思い立ったらすぐ始められる」ことが重要であり、ウォーキングというより「歩くこと」は、通勤途中でも職場の休憩時間でも可能ではないだろうか。

 

《最後に》

私を含めメンタル的な問題を抱えている人は「日ごろから考えすぎている」のだと思う。

思い立ったが吉日、「あれこれ」考えず歩き始めようではないか。

そうすれば貴方が生まれ持つ「自己治癒能力」によって、きっと悩みは改善する。

健闘を祈る!

  ーENDー

 

 

(関連記事)

www.zoozoopen.com

www.zoozoopen.com