読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一生分のんじゃった!

私は少しだけ先にお酒を止めたアルコール依存症者です。ただなかなか最初の一歩をふみだせず多くのものを失ってしまいました。みなさんには後悔してほしくないとの思いで書き綴っていきますのでご覧いただくと幸いです。

Vol.1 とあるアルコール依存症者の断酒記録「断酒前夜~初日編」

《とあるアルコール依存症者の断酒記録》

 



私は数年前に断酒したアルコール依存症者です。

この記事は断酒当初に私が付けていた手書きの「断酒記録」からの転記を主とし、そこに「今の私ならあの時どうした」など、断酒後数年が経過した今の私の「主観と振り返り」を付け加えたものです。

この記事が皆様の断酒の一助となれる事を願い書き進めて参ります。

 

断酒前夜の手記から

 

俺は今、酒を飲んでいる。

しかしだ。今日限りで酒はやめる。

これまでもうすうすは分かっていた事なのだが「いよいよ心の崩壊」が始まったからだ。

可愛いはずの子供達すら「なぜだか憎たらしく思えてしまう」。

もちろん子供達は以前と何も変わってはいない。

俺の頭が変になってきたのだ。

これ以上はもうダメだ。これ以上飲んだら「俺は酒を止めようと思うことさえ出来なくなる」。

きっと今回が最後のチャンスだ。

この一杯が俺の最後の酒だ。

 

《振り返り》

 「これまでもうすうすは分かっていた」。多くのアルコール依存症者は「うすうす」は分かっているのである。そして私の場合には断酒前夜にそれが「確信」へと変わったのだ。今思えばこれが私の「否認が解けた」瞬間であった。「最初の一歩」がなかなか踏み出せない貴方は、今一度「自分自身」を見つめ直してみてはいかがであろうか。

  

 

 

断酒初日の朝の手記から

 

せっかく慣れ始めた新しい職場だが、今日から一週間は休む。

休むのは怖いが、どのみち「離脱症状」で行ってもまともに働けないのは分かっている。

早速「発汗」が始まったがいつもの事だ。いつもと変わりは無い。

ただ今日は「飲みたいけど飲みたくない」。

自分でも良くわからん。

 

《振り返り》

「飲みたいけど飲みたくない」。この時の「飲みたい」は身体的な離脱症状からくる「飲酒欲求」だ。「飲みたい=離脱症状」と考えて再度「断酒の意思」を固めて欲しい。

 

断酒初日の夜の手記から

 

いよいよ「離脱症状」が激しくなってきた。

前回の時より明らかに辛い。動悸が激しくて心臓が口から飛び出しそうだ。

まあいい。「かかって来い、酒」。

手が、いや全身が小刻みに震えて書き難い・・・。

きっと眠れないだろうが寝る。

 

《振り返り》

私はこれ以前に「アルコール専門病院」への入院経験があり、これから激しさを増すであろう「離脱症状」についての知識は十分にあった。しかしそれでも「かなりの恐怖」を感じていたのは事実である。

でも覚えといて欲しい。「離脱症状で気が狂ったり、まして死ぬ人はいない」。一つだけアドバイスするならば事前に病院で各種のベンゾ系薬剤(睡眠・安定剤など)を処方してもらうのが良かろう。

何も精神科でなくても内科でも処方してもらえるから、「不眠」などを理由に相談してみて欲しい。

「心の拠り所」といった意味合いでも離脱初期の「薬の力」は侮れない。

出来る限り「断酒の準備」はしておいた方が良いと強調して述べておく。

  

 

 

《関連記事》

www.zoozoopen.com

www.zoozoopen.com

www.zoozoopen.com