もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

お酒をやめたアルコール依存症者が語る~大量飲酒時代の「むちゃ食い症候群!」

むちゃ食い症候群!(非嘔吐過食症

私はお酒を止めたアルコール依存症者であるのだが、

多量飲酒時代には、お酒だけでなく、

回転寿司、パスタ、ラーメン、etc・・・。

ほんとうに沢山、大量に食べていた。

どのくらい食べていたのか?

上に挙げた回転寿司でいうと・・・・。

大体、25皿から30皿くらい。

そのあと、ラーメン。替え玉追加。

付け加えておくと私は本来、大食いではない。

このくらい食べると超満腹!。気分が悪くなる。

しかし、実際に食べるか、食べないかは別として、

これくらい食べた後、3、4時間もすると、

また食べたくなるのだ。

まあ、そこはアルコール依存症

お酒を大量にのんで、「酔いの世界!」、

へ逃げ込んでましたが・・・。

 

むちゃ食いと過食嘔吐の違い!

一般的に過食症過食嘔吐)と言われる方々は、

食べ過ぎるという行為は変わらないものの、

自ら嘔吐したり、下剤?などを使って、

食べたものを体外へ排出するという。

一方、私は食事で嘔吐したことは無い。

とにかくむちゃ食いを続けるだけだ。

でもやはり、そこはアルコール依存症!。

結果的には飲みすぎて胃壁!まで吐いていたから、

極端に太るということはありませんでした。

あと、過食症については女性の割合が9割を占める、

と言われることに対し、「むちゃ食い症候群」は、

男女比で半々くらいらしい。

ここでは低血糖、ホルモンバランスなどのメカニズムを省き、

おじさん的な視点で解釈すると、

「美意識から陥る過食症過食嘔吐)」。

「もどかしさから陥るむちゃ食い」。

と言ったところだろうか。

と、まあ勝手なことを言わせてもらったが、

双方ともに「何らかの心的ストレスが引き金」であるのは、

同じと言えるのではないだろうか。

私のストレスとは何だったのか?

ズバリ、飲酒だ!

「飲みたくは無いのだが、飲まずにはいられない」

それをしたくはないけど、そうせずにはいられない。

アルコール依存症にかぎらず、

その他、多くの依存症者と呼ばれる方は皆同じ。

本心では、それを行いたくないのだ!。

そしてその事が大きなストレスとなる。

もっともこれは、

前述の「むちゃ食い」「過食嘔吐」自体にも当てはまるのだが、

私の場合は「飲酒のストレス」が原因で、その結果としての「むちゃ食い」であった。

その証拠として、

お酒をやめた今、「むちゃ食い」はなくなった。

最後に、

人それぞれ根底にある問題は違うのであろうが、

今一度、自身に問いかけてみてはどうだろうか?

「私のストレスって何?」