もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

アルコール依存症の克服~その願いがあなたの人格を再形成する!

アルコール依存症の克服、そしてそれを長年継続されてきた方の、

人格の奥深さには本当に驚かされる。

なぜ、そうなれたのか?

なにを思い、なにを願い続けてきたのであろうか。

いや、回復途中である私には分かるまい。

 

今はまだ「断酒の継続」だけを強く願い続ければ良いのであろう。

 

 

  “念願は人格を決定す”(住岡夜晃氏の詩から引用)

 

これは事を始めるにあたって、

先ずは強い願いを持ち、その願いに沿い行動する。

そうすれば、「その願いがあなたの人格を形作っていく」、

ということなのであろう。

我々、アルコール依存症者が持つべき願いに置き換えてみると、

やはりそれは、「断酒して、それを継続していく!」事である。

断酒する事を強く願い、その願いに沿い断酒する。

そして、その継続を強く願い、思い、断酒を継続していく。

更にその過程のなかで、

新たな願いが生まれ、そしてまたそれの実現を願い続け、行動する。

結果、

その繰り返しで、奥深く豊かな人格が形成される。

これは、アルコール依存症を克服した方に限らず、全ての人格者がそうである。

ただ、アルコール依存症を克服された方というのは、

多くのものを失い、一般的に言われる「底つき」を経験し、

そして、そこから這い上がってきた方が大半であろう。

よって、その心に抱いた願いも、

より強いものだった事と思われる。

その強き願いが、現在の奥深き人格に現れているのである。

そう、いうならば「人格の再形成!」だ。

 

先ずは、断酒への強き願い、そしてその継続を願い続けよう!

 これは、

 いまだ回復途中である私にも言える事なのだが、

初めから理想の終着点を願っても、そこへたどり着くまでの道のりは、

想像もできないくらい、遠く途方も無いものである。

この想像もつかないものを強く願うことは出来ないのだ。

よって、それを実現する事もかなわない。

そこで、前述したが先ず最初に強く願うべきは、

そう、断酒だ。

我々の諸悪の根源は、お酒を飲むことなのだから、

それを止めれば、人生が好転しだすことは明白であろう。

今、明白に想像できる事から、強く願い、行動すればいいのだ。

そうすれば、その過程で新たな強き願いが生まれる。

そして、またそれを行動に移す。

いずれは「理想の終着点」にたどり着く。

必ずたどり着く!。

 

さあ、強く願おう。

断酒を強く願い、そして継続するのだ!

今ここから、

あなたの「人格の再形成が始まる」。