もう一生分のんじゃった!

お酒をやめたアルコール依存症者が断酒・禁酒・メンタル、そして健康全般について書いてます。

Vol.3 アルコール依存症~果てしなき泥沼の始まり!

 

www.zoozoopen.com

 

  👆  Vol.2からの続きです 👆

 しかし、

私は飲み続けた。

そして、更なる深みへ・・・。

人としての終わり!

ここでは、お酒の害の本質について書き残す。

皆さんは、

アルコール依存症という言葉を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

・とにかく酒が止められない人

・手が震える

・いつも酒臭い

・汚い・怖い・・・etc

・禁断症状(離脱)

と、

色々、あるだろうが、

真っ先に思い浮かぶのは全て、

アリコールに依存した結果であり、

その行動、状態と目に見えるものが大半ではないだろうか。

しかし、

アルコール依存症の最大の弊害は、

その目に見えるものでなく、

人としての心、

心の崩壊だと、私は思う。

これは私自身、断酒後4年が過ぎた今でも、

いまだ回復途中であり、一生の課題でもある。

心の崩壊

アルコールに依存中の本人自体は、

この心の崩壊に気づかないのかもしれない。

だが、私の経験から言うと多くのアルコール依存症者は、

分かってはいるが自分では制御できずに、

周囲の大切な人を傷つけては、

自己嫌悪に陥っている方が大半だと思う。

 

・平気で嘘をつく

・愛が感じられない

・以前のあの人ではなく、別人になってしまった

 etc・・・・

ここ!

分かってはいるが自分で制御できない!

そう、

アルコール依存症者は酒を飲むことだけでなく、

自分の心も制御できないのだ!

しかし、この分かってはいるがのところに、

依存症脱却のヒントが隠されていると思う。

アルコール依存症脱却のヒント!

本人は分かっている?

今、まさに家族の誰かが、夫が、妻が、

アルコール依存症であり、

日々、引っ掻き回され、

先の見えない恐怖で絶望している方にこそ聞いてほしい。

当然の話かもしれないが、

以前は私の家族も同様に絶望の淵にあった。

が、

私の妻は見逃さなかった。

「その暴言は、あなたの本心じゃない!」

そして、辛抱強く、何度も何度も、

私に、その言葉、その気持ちを表し続けた。

そして、私は救われた。

私も分かってはいたが、制御できなかったのだ。

しかし、

繰り返し妻の言葉を聞いているうちに、

「このままではいかん!」

「なんとかするんだ俺!」

私も自分で自分自身に繰り返し問いかけるようになった。

そして、私の心は自分自身を取り戻した。

やめるのは今だ!

心を取り戻した私が、

断酒に至るまでには時間はかからなかった。

そして、今日まで一滴も飲んでない。

 

・・・あなたへ・・・

辛抱強く、繰り返し、あきらめず諭してほしい。

それはあなたの本心じゃない!

 

自分自身へ何回も何度も言い聞かせてほしい。

なんとかするんだ!