読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一生分のんじゃった!

私は少しだけ先にお酒を止めたアルコール依存症者です。ただなかなか最初の一歩をふみだせず多くのものを失ってしまいました。みなさんには後悔してほしくないとの思いで書き綴っていきますのでご覧いただくと幸いです。

【0円治療】自律神経失調症「蒸しタオル一つで不調を改善!」

 

20170422125604

自律神経失調症

 

 みなさんの中には「これといった原因が見当たらない」にも関わらず、様々な体調不良、そして「不安・イライラ・やる気が出ない」などの各種不定愁訴でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 もしくは「うつ病」と診断され、病院で治療を受けるも「何年経っても治らない」と絶望している方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 実際、私も「うつ病」「パニック障害」・・・。と診断され、十年以上に渡り「抗うつ薬」「抗不安薬」の服用を続けるも、なかなか改善されず「生きていてもしかたない」と自暴自棄になった経験があります。(卵と鶏ですが、アルコール依存症に陥りました)

 

 しかし、これらの「体調不良」「不定愁訴」は全て、「自律神経の失調が原因」だったのです。

もっとも「自律神経失調症」の詳しい説明をすると大変長くなるので、これについては専門サイトに譲るとして、早速、題記の「蒸タオル一つで不調を改善!」について話を進めさせて頂きます。

 

 

なぜ蒸しタオル?

 

一般的に自律神経失調症の病院での治療というと「抗不安薬抗うつ薬睡眠薬」等を使用した「対処療法」が主となります。

ご存知の通りこれらは本来、各種の精神疾患、不眠の為のお薬なのですが、不安や緊張を取り除き、そして生活リズム(睡眠サイクル)を整える事で「結果として」自律神経のバランス修正を狙った治療法となります。

しかし、なぜ故にこれらの薬を使うかと根本を問えば「自律神経失調症には特効薬がない」からに他なりません。

しかもこれらの薬は「処方薬依存」の恐れがあり、実際に依存してしまうと薬を止める際には大変な苦痛が伴います。

 

 

 

事実、私自身もこの処方薬依存に陥り、その離脱症状との闘いは数年にも及んだ経験があります。だからこそ薬での治療は皆さんにはオススメ出来ないのです。

そこで「蒸しタオル」の出番となります。

 

首を温めれば不調は解消する!

 

東京脳神経センターHPより引用(松井考嘉博士)

原因不明の不調。

原因はストレスではなく「首こり」でした。

 

首の筋肉の異常】 

     

【副交感神経の異常】※自律神経

     

【首こりが原因で起こる17の疾患】

 ・自律神経失調症、うつ、パニック障害更年期障害、ドライアイ・・・。

 

当時、私は各種の自律神経失調症状で先が見えない不安と闘っており、藁にもすがる思いで松井考嘉博士の 著書に辿り着きました。

 

その著書の中には「首を温めれば全ての不調が解消される」と謳われており、半信半疑ではあったものの蒸しタオルを作り、以前から痛みと違和感があった首の後ろ(付け根付近)を温めてみました。

 

最初はただ気持ちいいと感じただけだったが繰り返すこと数回、痛みと違和感が殆ど無くなっているのに気がつきました。

 

 

 

「これはまさか!」と胸躍った私は1日5回、一週間続けてみたところ、明らかに改善が見られるではありませんか!

もちろん完治とは言えませんが、解決の糸口が見つかった嬉しさからか何より「精神的な向上」が目覚しく、今後の人生への希望に繋がった事は間違いありません。

 

蒸しタオル以外ではダメなのか?

 

 ここでは温める事と血行促進について少しだけ説明させて頂きます。

一般的に「患部は温まることで血行が促進される」と思いがちですが、実は「効果的な温め方」の解釈としては少し誤りがあります。

実際には「温められた後、冷えてゆく過程で血行が促進される」が本当なのです。

具体的に言うと《温めると筋肉(患部)が緊張して収縮》⇒《冷めていくと緊張が解れ多量の血液が流入》⇒《血行促進!》となるのです。

よって、直ぐに冷めていく事が重要であり「蒸しタオル」こそが最も効果的な方法と言えるのではないでしょうか。

そして何といっても手軽で「0円」なので是非オススメしたいのです。

 

《注意・参考》

蒸しタオルの作り方としては、水に濡らしたタオルを電子レンジでチンが手軽で一番だと思いますが、くれぐれも加熱しすぎてのヤケドには十分に注意してください。

(目安として、500Wで一分くらいでしょうか)

 

【最後に】

この記事に書いたことは当然、私の主観が多分に含まれておりますが、心からオススメしたく書かせて頂きましたので、是非おためし下さると幸いです。

そして皆様に明るい未来が訪れる様、この場からお祈りさせて頂きます。

 

蒸しタオル一つで不調を改善」早速はじめてみませんか?

 

 

メンタル改善「心が軽くなる呼吸法とは」日々の習慣からアプローチ!

 



 「呼吸が浅い」は損してる?

 

皆さんは「健康法」と言う言葉を聞いて何が思い浮ぶだろうか?

運動・入浴・食事、中には「ペットに癒される事が一番」と言う方もいらっしゃることだと思う。

 

もちろんこれらの「健康法」、特にメンタル的な改善・向上に主眼を置いた健康法というのは人それぞれであり、その人の好み、そして周囲の環境に合ったものを選べばいい。

 

だが私はあえて「呼吸」をオススメしたい。

 

 

 

なぜ「呼吸」なのか?

 

そもそも呼吸とは「息をする」事であり、「生きる」の語源とも言われる。

そして、私達が「生きている限り息をする」のは当然であり、呼吸は生命活動の象徴とも捉えることが出来る。

 

そんな重要な「呼吸」なのだが、私が注目したのは「無意識」に「常に」行われるという事である。

この意識・努力せずに行われる呼吸を「健康法」として日々の生活に取り入れる事ができたら素晴らしいことではないだろうか。

 

もちろん巷には、〇〇式と言われる様々な呼吸法が紹介されているが、何も難しく考える必要はない。

 

 

 

元々、無意識に行っている「呼吸」であるから、意識するのはただ一つ。

これまでより深く息をする」ことだけである。

誰でも経験があると思うが、緊張状態が続き疲労してくると「無意識」に大きな「深い」ため息を着くではないか。

そして、この時の呼吸は「腹式の深呼吸」である。

 

よって、ほんの少しだけ意識してやれば、あとは体が勝手に調整してくれる。

難しく考える事は一つもないのである。

逆にあれこれ考えると、体が硬直し更に呼吸が浅くなる。

まして難しいものは「長続き」しないし、これに着目した意味が無い。

 

継続してこその「呼吸」健康法である。

 

 

深い呼吸がメンタル改善のカギ!

 

深い呼吸とメンタル改善の間には何の関係性があるのだろうか?

その答えは自律神経にある。

 

自律神経とは自身の意思とは関係なく、私達の心と体を健全に保つ為に日々働きつづけている。

 

大まかな働きとしては、正反対の働きをする「交感神経」と「副交感神経」のバランスを細かく調整し、緊張・活動時もしくは睡眠時などの様々なシュチュエーション毎に、最適な心と体の状態を作り出している。

 

そんな自律神経だがそのバランスが崩れた時、自律神経の失調に伴う「うつ病」「不眠症」他、さまざまな精神疾患を引き起こす要因となる。

 

よって自立神経を正常に保とうという事になるのだが、読んで字のごとく「自立している神経」故に、外部からのコントロールは非常に困難を伴う。

 

そこで「呼吸」の出番だ。

呼吸こそが、自身の意識と自律神経の両面からコントロールすることが出来る唯一の方法なのだ。

 

 

もう少しかみ砕いて言うと、ほんの少しだけ意思を働かせて深い呼吸をすれば、結果として自律神経が整い、そしてメンタル的な問題も改善していくという事なのだ。

 

しかも冒頭で述べたとおり、「呼吸」は生きている間中ずっと行うものであるから、習慣として深い呼吸さえ身につけば、その効果も永遠に続くこととなる。

 

《最後に》

題記の「呼吸が浅いは損!」の意図がお分かり頂けたであろうか。

ほんの少しの意思(努力)で永遠の効果。

こんな素晴らしい「呼吸」に着目しない手はないではありませんか。

「心が軽くなる呼吸法」早速はじめてみませんか。

 ーENDー

 

 

 

《関連記事》

www.zoozoopen.com

www.zoozoopen.com

 

メンタル改善「他人は変えられないから自分が変わる」を今一度!

 



自分の考え方を変える!

 

他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる

( カナダ出身精神科医・エリックバーン氏の言葉より)

 

 「何なんだあいつは!」

「あいつさえ居なければ!」

皆さんは日々、職場そして家庭生活の色んな場面で「他人」の言動に心をかき乱され、そして自分を消耗させてはいないだろうか?

 

かく言う私も10年来の「うつ病パニック障害適応障害」で、これらのメンタル的な問題を抱えるずっと以前から「些細な他人の言動」に過度に反応してしまいメンタルダウンを繰り返してきた。

 

 そして今は止めたものの「アルコール依存症」になるまで酒を飲み続けた「過去」がある。

しかし、元々のメンタル的な弱さは今も何ら変わっていないから「この先お酒を止め続けることできるか?」と考えた時には疑問符が残りこの先は危うい。

 

 

 

そうなのだ。

「元々の考え方・受け取り方の癖」を直さない限りメンタル的な問題は払拭できない。

もちろん、一時的には抗うつ薬精神安定剤、他の薬で「ごまかす事」は出来るだろうが、根本的な解決にはならないのだ。

 

そこで題記の「自分の考え方を変える!」を今一度実践してみようと思う。

 

認知の歪み

 

ここでは私が「メンタル改善」に向け、今の私の「受け取り方のクセ」を変えるべく、日々読み返している著書より、「認知の歪み」のパターンを紹介させて頂きたい。

 

デビット・D・バーンズ博士の著書より引用

10種類の認知の歪み 

 

 

 

 1.全て無か思考

(白か黒か・勝ちか負けか、中間のない極端な思考) 

2.過度の一般化

(一度の失敗をその後の全ての事に結びつける予期不安的な思考)

3.心のフィルター

( 出来事全てを悪い方向に捉える、うつ病特有の思考)

4.拡大解釈と過小評価

(悪い出来事は大きく捉えるも、良い出来事は些細な事と考えてしまう)

5.感情的な決め付け

(自分のその時の感情次第で物事を判断する 例=「あの人は私をイライラさせるから価値の無いダメな人」

6.マイナス化思考

(本人にとってプラスでもマイナスでもない、中立的な事柄を自己否定的/自己嫌悪的に捉える思考)

7.結論の飛躍

(すぐに現実とは異なる、絶望的な結論を出してしまう)

8.~すべき思考

(何をするにも「~すべき」と過度に自分を追い詰める)

9.レッテル貼り

(根拠の無い自己破壊的な思考 例=「自分はダメな人間だ」)

10.個人化

(不利益・損失が起こった全ての原因は全て自分にあると、必要以上に罪悪感に陥る思考)

 注:( )内は私の個人的主観を付け加えてあります

 

 

 

自分に当てはまる項目は幾つ?

 

皆さんは上に挙げた「認知の歪みパターン」のうち、幾つが当てはまるだろうか?

ちなみに私の場合は残念ながら粗全ての項目に思い当たる節があった。

 

しかし、今の私は悲観しない。

冒頭でも述べたが

他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる

この言葉を信じ、そして新たな自分と未来を創っていこうと思う。

それにはまず「考え方を変える」こと。

 

さあ、新しい自分探しの旅へ出発だ!

  ーENDー

 

 

 

(関連記事)

www.zoozoopen.com

www.zoozoopen.com